スニーカーのサイズが大きい場合の対処法は?インソール2枚で速攻解決!

スニーカー初心者

サイズ選びに失敗したー😞、サイズが大きくてブカブカだよ、、、

こんな方にできるアドバイスはただ一つ。

インソールを入れましょう!!

厚めの靴下を履いて期待できる効果なんて、たかが知れています。

ただし、インソールを入れるとはいっても、何でもいい訳ではありません!!

そこで今回は、サイズ調整におすすめのインソールを紹介します。

スニーカーのサイズが大きい原因

スニーカーのサイズが大きく感じる原因は次の3つ。

  • サイズ(縦幅)が大きい
  • ワイズ(横幅)が大きい
  • 甲の高さが大きい

もちろん、それぞれの要因によって対処法が異なります。

おすすめのインソールを紹介する前に、あなたのスニーカーが大きい原因は何かを把握しましょう。

サイズ(縦長)

捨て寸の長さ

靴をかかとでしっかり合わせた時、つま先に1〜1.5cmゆとりがあるのがベスト。

これ以上隙間が空いている場合は、サイズが合っていないことが多いです。

ワイズ(横幅)

足幅の正しいサイズ感

親指の付け根と小指の付け根が靴の中で軽く触れているぐらいがベスト。

靴の中で足が左右に動く場合は、足幅が合っていない証拠です。

足の甲

足の甲の正しい高さ

足の甲全体がスニーカーに覆い被さるぐらいがベスト。

靴の中で足が前後に動く場合は、甲の高さが合っていない証拠です。

インソールの種類

インソールの形状は、大きく分けると次の2つ。

  • フルインソール
  • ハーフインソール

フルインソール

こちらは、一般的な形状のインソールです。

通常、フルインソールの厚みでサイズ調整を行います。

ハーフインソール

ハーフインソールは通常、つま先に入れてサイズを調整します。

サイズの微調整には、ハーフインソールがおすすめです。

ハーフインソールはこんな人におすすめ
  • フルインソールを入れても、サイズが微妙に合わない
  • 甲の高さは変えず、サイズ(縦長)だけを調整したい
  • スニーカーのインソールロゴを隠したくない

インソールの選び方

スニーカーのサイズが大きい場合、インソールを入れて解決するのが1番

ただし、どんなインソールでも良いわけではありません。

つま先部分だけ厚くした方がいい人もいれば、かかとを厚くした方がいい人もいます。

一言で「サイズが大きい」といっても、人によってサイズの感じ方は異なります。

サイズが大きい人のお悩み
  • 全体的にダボダボ
  • 甲の高さは合ってるが、サイズが緩い
  • 足幅に隙間があり、パカパカする

今回はこんな、サイズが大きい人が持つ悩みを一発で解決できる画期的なインソールを紹介します。

それがこちら↓↓

インソールが3層構造になっていて、厚さが調節可能。

また、1枚のインソールを複数に分解できる構造になっているため、足の部分的な厚さ調節も可能です。

サイズ調節用のインソール選びに迷ったら、村井の獄厚インソールを選べば間違いありません!

【番外編】かかとが抜けやすい

サイズが大きいわけではないんだけど、かかとが抜けやすい、、、

中には、こんな悩みを持っている人もいるかと思います。

スニーカーのかかとが抜けやすい原因はズバリ、かかとの形とスニーカーのヒールの形状が合っていないからです。

かかとが抜けやすい方は、インソール入れると余計にスニーカーが脱げやすくなる場合もあります。

かかとが抜けやすい悩みは、かかととスニーカーの間にクッションを入れることで解消しましょう!

まとめ

スニーカーのサイズが大きい場合は、インソールを入れて解決するのが1番。

インソールの種類
  • フルインソール
    通常のインソール
  • ハーフインソール
    サイズの微調整にオススメ

インソールの選び方が分からない方に、おすすめのインソールはこちら↓↓

一枚持っておくだけで、20通りのサイズ調整が可能です。

タイトルとURLをコピーしました