【徹底解説】NFTスニーカーとは?実物資産との関係はあるのか

スニーカー初心者

最近流行りの『NFT』という言葉を知っていますか?

「NFTアート」「NFTゲーム」「NFTファッション」など、さまざまな使われ方をしますが、その実態を説明できる人はそう多くありません。

あのアディダスもNFT市場への参入を表明しました!

NFTのことを知ると、スニーカーとの意外な・・・結びつきが見えて来るんです!

  • NFTって何なの?
  • バーチャルスニーカーって?
  • スニーカーとどんな関係があるの?

こんな疑問を解決します!!

NTFとは?

NFT(Non-Fungible Token)とは、非代替性トークンのことです、、、

これだけ聞いて理解できた人は天才です。

まずは、NFTをできるだけ分かりやすく説明するために「非代替性」という言葉にフォーカスしてみましょう!

NFTにおける「非代替性」とは?

突然ですが、あなたが今持っているデジタルデータを『所有している』という意識を持ったことはありますか?

例えば、スマホに保存されている画像データとか。

普通の人なら意識したことはないと思います。

こういった、デジタルデータの所有権に目をつけた技術がNFTです。

デジタルデータの特徴の1つは、複製しやすいという点。

複製されたデジタルデータは、所有者の元を離れれても価値は変わりません。

このような、デジタルデータの複製しやすいという特徴が故に損をする人がいます。

それが、「ミュージシャン」です。

NFTの技術を使えば、楽曲に所有権を持たせることができます。

つまり、1つの楽曲が「非代替性」を持つ唯一のデジタルデータに生まれ変わるという訳です。

NFTとは
NFTの特徴
  • データを書き換えることができない。
  • さまざまな機能をデータに追加することができる。
    例)NFT作品が転売されたときに、作者がその分の手数料を受け取ることができる。
  • NFT作品の作成者や、過去の保有者を記録することができる。

ここまでで、NFTのざっくりとした解説は終了です。

では、NFTはどのような点でスニーカーとの繋がりがあるでしょうか?

NFTスニーカーブランド『RTFKT』

NFTスニーカーブランド『RTFKT』
参考:https://www.famitsu.com/news/202101/22213225.html

2021年2月、わずか7分の間に310万ドル(3億3,200円)ものバーチャルスニーカーを売り上げたクリエイター集団がいます。

それ名も「RTFKT」。 

現在は、スニーカーを中心としたメタバース上のファッションブランドとして活動しています。

メタバースとは?

インターネット上の仮想空間のこと。

いわば、現実世界をそのまま仮想空間に落とし込んだような世界。

メタバース上では、アバターを通して「交流」「仕事」「取引」など現実世界さながらのアクションを行うことができます。

RTFKTの誕生には、既存のスニーカーが転売目的で一度も履かれないまま市場に流通しているという背景があるんです。

一度も履かれないなら、実物のスニーカーは必要ない!」という視点からスタートしたプロジェクトだといいます。

現に、RTFKTは凄まじいほどの売り上げを記録しています。

人間の本能的な欲求は、実物だろうがデジタルだろうが関係がないという訳ですね。

今後FTFKTは、クリエイターとコレクターを結びつける役割を担っていくといいます。

ますます、RTFKTから目が離せませんね!!

日本初のバーチャルスニーカー “AIR SMOKE 1TM/1Block”

お次は、日本の話題です。

2021年4月、日本初のバーチャルスニーカー「AIR SMOKE 1TM」が発売されました。

日本初ということもあり、ド派手なデザインが特徴的な一足です。

アッパーにはレインボーの波打つようなアニメーションが施され、靴底からはスモークが流れ出るといった、何とも幻想的なスニーカーに仕上がっています。

驚くべきは、その販売価格。

5イーサリアム、日本円で140万円で販売されました。

こちらのバーチャルスニーカーも、もちろん即完。

日本でNFTが当たり前になる時代は、もうすぐそこまで来ているかもしれません!

NFTと実物スニーカーを結びつけることは可能?

NFTと実物のスニーカーを結びつけることは可能?

ここまでは、NFTと『デジタルデータ』の結びつきについて解説してきました。

では、NFTをスニーカーのような『リアル』な資産に結びつけることは可能でしょうか?

結論、NFTを実物のスニーカーと結びつけることは可能です。

ただし、今後スニーカーが必ずNFT化されると言うわけではありません。あくまで可能性の話です。

NFTと実物資産の結びつき』はイメージしずらい思うので、『UniCaskプロジェクト』を実例として紹介します。

UniCaskプロジェクトとは、酒樽をデジタル上のNFTで管理するというプロジェクトです。

ヨーロッパでは、樽単位でウィスキーを購入すると、ウィースキーを購入した人は樽を持ち帰らずに蒸留所に長年預けるという文化がありました。

樽の取引には物理的なやり取りが無いので、途中で偽物と入れ替わったり、傷がついたりといった心配がありません。

また、時間が経つにつれて価値が上がるのがウィスキーの特徴です。

このウィスキーと特徴に目をつけたのがNFTです。

NFTを樽の引換券として利用することで、樽の所有権をデジタル上で管理できるようになりました。

実物資産とNFTの結びつき

実例をもとに樽を使って説明しましたが、スニーカーに置き換えても成立すると思いませんか?

先ほども言いましたが、一度も履かれないスニーカーが市場に出回っているという現状があります。

さらに、スニーカーの価値は時間と共に変化している点もウィスキーと似ています。

↑スニーカーダンクでの「TRAVIS SCOTT × NIKE AIR JORDAN 1 RETRO HIGH OG」の価格推移

スニーカーをNFTで管理する未来が来るかどうかは分かりませんが、新時代の技術としてNFTの今後の動向については、目が離せません!!

スニーカーをNFTで管理するメリット
  • 本物のスニーカーの証明になる。
  • スニーカーの販売元に取引手数料が入る。
  • 〇〇足限定スニーカーの所有者を管理することができる
スニーカーをNFTで管理するデメリット
  • ますます価値のあるスニーカーを履かなくなる。
  • スニーカーが観賞用としても機能しなくなる。
タイトルとURLをコピーしました