STEPNで稼ぐロードマップを公開中!!

注目のsweatcoin(スウェットコイン)始め方や将来性も解説

注目のsweatcoin(スウェットコイン)始め方や将来性も解説 nft

2022年に「STEPN」が登場して以来、運動して稼げるゲーム「Move to earn」に注目が集まっています。

数多くリリースされたMove to earnアプリの中でも、特に人気のある「sweatcoin(スウェットコイン)」は、手軽に始められるとしてユーザー数を増やしています。

そこで今回は、sweatcoin(スウェットコイン)の始め方や将来性について詳しくご紹介します。

sweatcoin(スウェットコイン)とは?

注目を集めているsweatcoin(スウェットコイン)とはどのようなアプリなのでしょうか。

無料で始められるNFTゲーム

スウェットコインは歩いて稼ぐをコンセプトとしたMove to earnジャンルのNFTゲームです。

Move to earnのジャンルの中でも有名なものに「STEPN」がありますが、大きな違いは初期費用。STEPNは有料のNFTスニーカーを購入しないと遊ぶことができませんが、スウェットコインは完全無料(ゲーム内課金あり)で遊ぶことができます。

歩数に応じてスウェットコイン(SWC)が貯まる

スウェットコインでは、アプリをインストールしたスマホを持ち歩くことにより、その歩数に応じたゲーム内通貨のsweatcoin(SWC)が付与されます。

スマホ内のヘルスケアアプリと連動させ、歩数を計測しています。

歩数1,000歩ごとに0.95SWCを貰うことができ、無料のフリー会員では1日の上限が10,000歩までとなっているため、歩くだけで9.5SWCを1日で貯めることが可能です。

貯めたスウェットコインは暗号資産に交換できる

貯めたSWCは、仮想通貨のSWEATと交換をすることにより日本円へ換金することができます。

また、現金へ変えるだけではなく、独自のマーケットプレイスで商品を購入したり、チャリティーへの寄付をすることも可能となっています。

sweatcoin(スウェットコイン)の将来性は?

実際のところスウェットコインの将来性はあるのでしょうか。

スウェットコインは多くの企業や投資家から出資を受けているため、資金力があり、今後も更なる開発が期待されています。

またスウェットコインは、収益の一部を利用してSWEATの買い戻しやバーン(一部の仮想通貨を永久に使用不可にする行為)を実施しているため、供給過多による価格の暴落を防いでいます。

さらにスウェットコインは無料で始めることができ、歩くことにより健康になりながら稼げるため、今後もユーザー数は増えると予測されます。

sweatcoin(スウェットコイン)の始め方

スウェットコインは手軽に始めることができ、以下の3つのステップで始められます。

  • sweatcoinアプリのダウンロード
  • スマホ内のヘルスケアアプリと連動
  • スマホを常に持ち歩く

sweatcoinアプリのダウンロード

sweatcoinアプリをストアからダウンロードしましょう。iPhoneとAndroidどちらでもダウンロード可能で、利用前にはユーザー登録が必要です。

ユーザー登録も、Apple IDやGoogle IDがあれば簡単に登録できます。

スマホ内のヘルスケアアプリと連動

歩数を計測するために、スマホ内のヘルスケアアプリと連携します。

こちらはsweatcoinアプリを初めて起動させた際に許可を促されるので、そのまま許可してあげましょう。

スマホを常に持ち歩く

設定が完了したら、スマホを常に持ち歩き歩数を稼ぎましょう。

歩数によりスウェットコインが貯まりますが、無料プランの場合は1日1万歩が上限となっており、歩数上限なしで利用したい場合は有料のプレミアムプランへの加入が必要です。

まとめ

「STEPN」の登場により、注目を集めているMove to earnジャンルのNFTゲーム。

数々のタイトルがリリースされていますが、中でも無料で手軽に始めることができると人気のsweatcoin(スウェットコイン)は、ユーザー数を大きく増やしています。

大手企業や投資家から出資を受けており、今後も様々な機能が開発される予定です。

初期投資なしで始められるため、気になる方は気軽に始めてみてはいかがでしょうか。