STEPNで稼ぐロードマップを公開中!!

OpenSea(オープンシー)のガス代を節約する方法3選【相場を知るが鉄則です!】

nft
この記事の内容
  • OpenSeaのガス代の目安
  • 計算方法
  • ガス代が発生するタイミング
  • ガス代を節約する方法
  • 過去のガス代を調べる方法

イーサリアムを取引で切っても切り離せないのが、高いガス代。

この記事では、知っているだけでお得になる・・・・・・・・・・OpenSeaの節約術を紹介します。

ガス代を節約するだけで、数1,000円単位のリターンが返ってきます。

「知らなかった、、、」では済まされないので、必ず理解しておきましょう!

OpenSeaのガス代とは?

ガス代とは、仮想通貨取引の手数料のことです。

「マイナー」と呼ばれる、取引の承認や記録をしている人への報酬として支払われます。

OpenSeaのガス代の仕組み

イーサリアムの取引量が増えるほど、マイナーへの負担が大きくなります。

そのため、ガス代を導入し、マイナーが認証する取引の優先順位を明確にしています。

こうすることで、マイナーへインセンティブを提供しています。

OpenSeaのガス代はいくら?

ここでは、イーサリアムチェーン上で取引されるNFTのガス代について解説します。

2022年7月現在、イーサリアムのガス代は低い水準をキープしています。

ガス代は、10〜200円が相場です。

イーサリアムのガス代は、需要と供給のバランスで決まります。

需要が増えるとマイナーは沢山の取引の中から、ガス代を高く設定しているものを優先します。

そのため、ガス代は高騰します。

つまり、イーサリアムの価格とガス代には強い相関があります。

主要なDappsのガス代の目安(2022.7.25)
プラットフォームサービス平均的なガス代
NFTマーケットプレイスOpenSea (販売)$0.69
Rarible (販売)$2.36
DEXUniswap V3 (トレード)$1.77
SushiSwap (トレード) $1.36
レンディングサービスCompound (リース)$3.27
イーサリアムのL2Arbitrum (預入)$0.88

OpenSeaはDappsの中では、比較的ガス代が低いことが分かります。

各サービスによって、イーサリアムのガス代が異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

ガス代の計算方法

ガス代 = Gas Price(ガスプライス) × Gas Limit(ガスリミット)

イーサリアムのガス代は、上の式で計算できます。

Gas Price(ガスプライス)

ガスプライスとは、1Gasあたりの値段です。

「Gwei(ギガウェイ)」という単位が用いられ、1Gwei = 0.000000001ETHで表します。

ガスプライスは、変更可能なパラメーターです。

イーサリアムのガス代を調整する際は、一般的にガスプライスを変更します。

注意点としては、ガスプライスは低ければ良いと言うわけではありません。

ガスプライスが低いと、処理速度が低下します。

また、低すぎると取引に失敗し、ガス代だけが消失します。

そのため、ガスプライスの調整には十分注意しましょう!

Gas Limit(ガスリミット)

ガスリミットは、ガス代の最大値です。

イーサリアムのガスリミットは、「21,000Gas」と定められています。

ガスリミットは、取引に問題が生じた時に備えた保険のようなものです。

そのため、ガスリミットを下げると取引に問題が発生する可能性があるので、変に触らないようにしましょう。

ガス代の計算例

Etherscanから、こちらのトランザクションを例をガス代の計算例を説明します。

  • Transaction Fee(ガス代) = 0.000495220471456 ETH
  • Gas Price:ガスプライス = 0.000000023105736736 ETH
  • Gas Limit:ガスリミット = 21,000 Gas

Transaction Fee(ガス代) = Gas Price(ガスプライス) × Gas Limit(ガスリミット)
= 0.000000023105736736 ETH × 21,000 Gas
0.000495220471456 ETH

実際のガス代と一致しました!

Openseaのガス代を節約する方法

ガス代を調整する

先ほど説明したように、ガス代は変更可能です。

ただし、ガス代を下げると処理速度が低下したり、取引に失敗したりするので過度な変更はNGです。

メタマスクでガス代を調整する方法

メタマスクでガス代を調整する

OpenSeaでNFTを購入するときに、ガス代を調整する方法を紹介します。

まず、NFTの購入手続きに進みます。

OpenSeaのNFT購入画面に進む

ガス代の見積もりが表示されるので、「編集」をクリックします。

ガス代設定から「」をクリックします。

すると、「最大優先手数料」「最大手数料」が自動的に変更されます。

低速とは言え、数分以内には取引が完了するので安心して下さい!

スニッピーくん
スニッピーくん

これ以上低くすると、取引に失敗する場合があります!!

これで、ガス代の調整は完了です!

土日の午後に取引する

こちらのデータは、1週間のガス代を示しています。

1週間を通して、昼時のガス代が低い傾向にあることが分かります。

特に、土日の午後はガス代が最も安くなる時間帯です!

取引所を見直す

OpenSeaを利用している方の多くは、国内取引所からETHをメタマスクなどに送金しているはず。

イーサリアムのガス代を節約する前に、まずはあなたが利用している取引所の手数料から見直してみましょう!

取引所GMOコインDMM Bitcoin
販売所手数料無料無料無料無料
取引手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料0.01〜0.15%
入金手数料無料0〜1,018円0〜330円無料
出金手数料無料407円220〜770円無料
送金手数料(ETH)無料0.005 ETH
0.005 ETH
無料

取引所によっては、ETHの送金手数料が高くなりがちです。

最低限、送金手数料が無料の取引所をおすめします!

手数料が圧倒的に低いのは、GMOコイン!

DMMビットコインも手数料は低いですが、取引所で仮想通貨を購入できないので、結局販売所の高いスプレッドを払うことになります。

取引所の選び方は、仮想通貨初心者の最初の難関です。

特に、コインチェックは「コインチェック詐欺」という言葉がある程評判が悪いので、よく考えてから取引所を選びましょう!

GMOコイン

>>GMOコインに登録する

OpenSeaでガス代が発生するタイミング

NFTの購入時

NFTの購入

1. 即時購入

NFTを購入したタイミングで、ガス代が発生します。

2. オークションへの参加

オークションに参加した時点で、ガス代が発生します。

落札できなかった場合は、ガス代だけ支払うことになるので注意が必要です。

3. オファーのキャンセル

NFT購入のオファーをキャンセルすると、ガス代がかかります。

4. イーサリアムのトレード

オークションに必要なWETHやPolygon ETH版のNFTを購入する場合は、ETHからWETH, Polygon ETHにトレードする必要があります。

このトレードにも、ガス代が必要です。

NFTの出品

NFTの出品

NFTの出品時

初回に限り、NFTを出品するとガス代がかかります。

オファーの承認

購入者からのオファーを受け入れると、出品者がガス代を負担します。

通常販売のキャンセル

通常販売で出品しているNFTをキャンセルすると、ガス代がかかります。

また、出品しているNFTの削除とキャンセルは別の扱いになります。

NFTの削除には、ガス代がかかりません。

出品しているNFTの価格変更したいときは、出品を削除し再び登録する方がお得です!

オークションの承認

NFTをオークションに出す場合、出品者は予約価格を設定します。

最低予約価格は1ETHです。

オークション終了時点で、最低落札額を超えた場合、OpenSeaがガス代を負担してくれます。

ただし、最低予約価格を下回った場合、出品者がガス代を負担します。

オークションのキャンセル

オークション販売したNFTを出品者がキャンセルすると、ガス代がかかります。

NFTをIPFSに保存するとき

IPFSとは、NFTを凍結する手段のことです。

凍結されたNFTはOpenSeaに保管され、絶対に紛失することがありません。

NFTを凍結する場合にも、ガス代が必要です。

チェーンによるガス代の違い

OpeaSeaでは、次の4種類のブロックチェーンが利用されています。

  • Ethreum(イーサリアム)
  • Polygon(ポリゴン)
  • Solana(ソラナ)
  • Klaytn(クレイトン)
OpenSeaのチェーンごとの出品数

出品数は、イーサリアムチェーン上で6割を占めています。

では、ガス代はどうでしょう?

Polygon(ポリゴン)

Polygon ETH

Polygon(ポリゴン)は、イーサリアムのガス代高騰を解決するためにブロックチェーンです。

イーサリアムのレイヤー2ソリューションを採用しており、処理速度やガス代が軽減されました。

OpenSeaでは、Polygonチェーン上のETHでNFTを販売することができます。

○:ガス代が必要
× :ガス代が不要

イーサ(イーサリアム) 販売所 - アルトコインのチャート・取引なら【bitFlyer(ビットフライヤー)】ETHイーサリアム(ETH)の色・チェーンについて解説!OpenSeaでNFT買うなら必須の知識Polygon ETH
購入者NFTの購入×
オークションへの参加×
オファーのキャンセル×
出品者NFTの出品○(初回のみ)×
通常販売のキャンセル×
オファーの承認×

表の通り、Polygon ETHはガス代が一切かかりません!

Solana(ソラナ)

OpenSeaのソラナチェーン

Solana(ソラナ)は「イーサリアムキラー」と呼ばれる程、処理速度が速く手数料が低いチェーンです。

2022.7.25時点イーサ(イーサリアム) 販売所 - アルトコインのチャート・取引なら【bitFlyer(ビットフライヤー)】ETHソラナ(SOL)開発のSolana Labs、投資家から集団訴訟を受けるSOL
ガス代0.0001 – 0.001 ETH0.000005 – 0.00001 SOL
ガス代(日本円)20 – 200円0.025 – 0.06円

ETHと比較すると、手数料の低さは明らかです。

ガス代の履歴を調べる方法

イーサリアムチェーン上の取引履歴は、Etherscan(イーサスキャン)で確認できます。

OpenSeaに接続されているウォレット(メタマスクなど)のアドレスをコピーして、Etherscanの検索窓に貼り付けます。

OpenSeaのガス代の履歴

赤い部分で示したTxn Feeがガス代です。

Etherscanでは他にも、

  • 取引額
  • 取引時間
  • 取引元と取引先のアドレス

など、取引に関する様々な情報を確認できます。

まとめ

OpenSeaのガス代を節約する方法
  • ガス代を調整する
  • 土日の午後に取引する

この2つに共通しているのは「ガス代の相場を知る」ことです。

Etherscan(イーサスキャン)のようなガス代チェックツールを使い、今の相場が「割安なのか?割高なのか?」を見極められるようにしましょう!

OpenSeaで販売されている主要なNFTは、ほぼ全てイーサリアムチェーンで販売されています。

PolygonチェーンやSolanaチェーンはガス代が低い反面、マイナーなNFT分類されてしまうデメリットがあります。

取引をする際は、それぞれのチェーンのメリット・デメリットを把握しておきましょう!