【具体例アリ】海外通販サイトの住所を英語で書く方法を解説

スニーカーショップ

海外通販サイトの購入画面で、英語での住所の書き方がわからない人必見!

間違えやすいポイントを押さえて、英語の住所入力をマスターしましょう。

※自分の住所をローマ字に変更するだけはNGです

英語住所の書き方のポイント

日本と海外の住所の書き方の1番の違いは、『住所項目の順番』です。

  • 日本語表記:東京都 渋谷区 北渋谷 1-2-3
  • 英語表記:1-2-3 Kitasibuya, Sibuya-ku, Tokyo

英語表記では、「1-2-3→北渋谷→渋谷区→東京都」のように順番が逆になります。

英語住所の例

まずは、英語住所の書き方を実例で紹介します。

■日本語表記の住所

〒123-4567
東京都渋谷区南渋谷1丁目2番地5号
コーポシブヤ105号室

080-1234-5678

■英語表記の住所

#105 Koposibuya, 1-2-5, Minamisibuya, Sibuya-ku, Tokyo
123-4567
Japan

+81-80-9424-8842

英語住所の入力項目

英語で住所を入力するときに必要な『7つの項目』を具体例とともに解説します。

1.【Address Line1】丁目・番地・号

「1-2-3 Minamisibuya」と書くのが正解です。

海外の住所には『○丁目△番□号』という概念がないので、数字だけで表記しましょう。

2.【Address Line2】アパート/マンション名

アパート・マンション名は、「部屋番号」→「アパート/マンション名」という順番で記入します。

カタカナ英語も全てローマ字で記入しましょう。

マンション名に「マンション」という単語が含まれている場合でも

× manshion → ○mansyon

とした方が誤解が少なくなります。

部屋番号は、部屋番号の直前に#をつけて「# 部屋番号」と記入しましょう。

また、階数で記入したい場合は、

  • 地上7階→F7
  • 地下7階→B7

とします。

3.【City】市区町村

「都市名 -shi」のように、ハイフン + 市区町村をローマ字で記入します。

  • 市:-shi   例)Hatioji-shi
  • 区:-ku 例)Sinjuku-ku
  • 町:-chou, -mati 例)Ibaraki-mati
  • 村:-mura  例)Tokai-mura

4.【State/Province/Region】都道府県

都道府県は、市区町村と同じように「県名 -ken」のように記入します。

※東京都、北海道は「Tokyo」、「Hokkaido」とする。

  • 府:-hu  例)0saka-shi
  • 県:-ken    例)Kanagawa-ken

5.【Country】国名

国名は必ず「Japan」と明記しましょう!

6.【Zip/Postal Code】郵便番号

←このマークは海外では使われないので省略しましょう。

日本では郵便番号の後に住所を書きますが、英語だと郵便番号が後になります。

7.【Phone Number】電話番号

海外通販サイトで電話番号を入力する時は、先頭の「0」を省略します。

また、電話番号の入力欄の前に「+81」という数字が書いてあることがあります。

これは、日本の国番号というもので選択式になっているはずです。

例:080-1234-5678 → +81-80-1245-5678

まとめ

最後にもう一度、住所の入力例をおさらいしましょう!

■日本語表記の住所

〒123-4567
東京都渋谷区南渋谷1丁目2番地5号
コーポシブヤ105号室

080-1234-5678

■英語表記の住所

#105 Koposibuya, 1-2-5, Minamisibuya, Sibuya-ku, Tokyo
123-4567
Japan

+81-80-9424-8842

\海外通販で関税をかけたくないなら「Buyandship」/

Buyandshipのバナー
\新規会員登録で500ポイントプレゼント/
\このリンクから登録でプラス260ポイント/
タイトルとURLをコピーしました