STEPN(ステップン)の裏技5選|界王拳やリセマラのメリット・デメリットを徹底解説!

stepn

先日僕のTwitterでこんな投稿をしました。

結構反応が良かったので、本記事で詳しく解説します。

こちらのツイートで紹介していない戦略も追加したので、ぜひ最後までご覧ください!

STEPNの裏技5選

界王拳

おすすめ度:4/5点


界王拳とは、漫画『ドランゴンボール』で孫悟空が戦闘力を高める技です。

discordで「界王拳1.25倍だぁーーー!」で検索すると、元ネタが分かりますよ。

STEPNでは、エナジー回復の時間を跨いで運動することを指します。

回復時間を跨ぐと、運動中にエナジーを回復できるので前エナジーの1.25倍の時間継続して運動することが可能となります。

界王拳のやり方(通常エナジー数:4)
STEPNの界王拳のやり方

運動開始直後はGPSの調子が悪い場合があるので、時間に余裕を持ってSTARTしましょう!

STEPNで界王拳を使うメリットは、ミステリーボックスのドロップ率・品質が高まることです。

ミステリーボックスのドロップ率・品質は、スニーカーの『運(Luck)』値とエナジー消費量に相関があるのはご存知ですよね。

エナジー消費量とミステリーボックスのドロップ率・品質の関係は、以下の箱ひげ図を参考にしてください。

エネジー消費量とミステリーボックスのドロップ率・品質の関係
参考:discord有志

箱ひげ図とは?

注目すべきは、データ数の多いエナジー4 → 5の範囲。

この範囲は、コモンスニーカー3〜8足持ちが界王拳を使った場合と使わなかった場合の比較と見なすことができます(実際にはアンコモンスニーカーを2足持てばエナジー数を4・5にすることが可能)。

グラフによると、エナジー数4はミステリーボックス未ドロップの最終ライン。

つまり、エナジー数5になると高確率でレベル1以上のミステリーボックスがドロップしてきます

ちなみに、エナジー数に比べて『運(Luck)』値のミステリーボックスのドロップに対する恩恵は低く設定されています。

discord内のデータによると、エナジー数 4 → 5は『運(Luck)値』10 → 25に相当します。

界王拳のデメリット
  • 毎日決まった時間に運動できなくなる

ミントループ(無限ミント)

おすすめ度:5/5点


最速で原資回収ができる技です。

『ミント → 売却』を繰り返し、その差額で着実に利益を得る手法です。

ミントループの過程で、低確率のレアスニーカーや双子シューボックスが誕生することもあるので、低リスクハイリターンが期待できるのも魅力の一つ。

無限ミントの具体的なやり方については、こちらの記事をご覧ください。

無限ミントのデメリット
  • 最低2足のスニーカーが必要
  • スニーカーのフロア価格やGSTトークンの相場に左右されやすい

リセマラ

おすすめ度:2/5点


ミントなしでアンコモンスニーカーを入手する事が可能です。

『コモンシューボックスを購入 → 開封してコモンスニーカーが出たら売却』

これを繰り返して、3%のアンコモンスニーカーを狙う戦略です。

リセマラは、ひたすら3%を引くまで継続しなければいけないので運要素がかなり高くなります。

さらに、スニーカーに比べシューボックス方が高いので追加投資は絶対です。

 フロア価格(2022.3.28)
アンコモンWalker(ミント0)49 SOL
アンコモンJogger(ミント0)54 SOL
アンコモンRunner(ミント0)40 SOL
アンコモン Trainer(ミント0)104 SOL
コモンWalker(ミント0)10.6 SOL
コモンJogger(ミント0)11.5 SOL
コモンRunner(ミント0)10.2 SOL
コモンTrainer(ミント0)13 SOL
コモンシューボックス(Runner × Walker)11 SOL
コモンシューボックス(Walker × Jogger)11.93 SOL

試行回数に対する、アンコモンスニーカーの出現確率はこちら↓↓

試行回数1回以上アンコモンスニーカーが出現する確率
13%
514.13%
1026.26%
1536.67%
2045.62%
2553.30%
3059.90%
3565.56%
4070.43%
4574.61%
5078.19%
5581.27%
6083.92%

実際に、何度の試行でアンコモンWalker(ミント0)のフロア価格に追いつくかシミュレーションしてみましょう!

<前提条件>

  • 1回のリセマラ失敗で生じる損失:0.5 SOL
  • コモンシューボックスの購入額(Runner × Walker):11SOL
  • アンコモンWalker(ミント0)の購入額:49 SOL

11 + 0.5x = 49
x = 76回

76回リセマラを繰り返すと、1回以上アンコモンスニーカーを引く確率は90.12%

かなりの高確率で、アンコモンスニーカーを入手することが可能です。

しかし、僕がリセマラのおすすめ度を低めに設定したのには理由があります。

それは、先程の無限ミントで十分アンコモンスニーカーを狙えるからです。

無限ミントは時間がかかるというデメリットもありますが、資産が増えるという観点でリセマラより優れていると言えるでしょう。

リセマラのデメリット
  • ギャンブル性が高い
  • スニーカーのフロア価格に左右されやすい

0.5走法

おすすめ度:3/5点


0.5走法は、エネジー数が2のSTEPN初心者におすすめの技です。

GSTは0.2エナジー(1分)単位で獲得できます。

一方、総エナジーが2の場合、エナジーは0.5ずつ回復します。

では、エナジー数1.5の状態で0.6エナジー(3分間)運動するとどういった現象が起きるでしょうか?

実は、0.6エナジー(3分間)分運動していることになるんです!

この仕様をうまく活用すると、エナジー数2の初心者は1日4回3分間の運動することで、エナジー上限を上回る12分間分のGSTを獲得することが可能になります。

0.5走法のデメリット
  • 1運動あたりのGST獲得効率が落ちる
  • 修理費用が高くなる

6時間戦略

おすすめ度:1/5点


先ほどの0.5走法とは逆で、エナジー数の多い上級者向けの技です。

6時間戦略は、界王拳同様ミステリーボックス狙いの戦略です。

運動中の一時停止は、30分(詳細な時間は不明)を超えると自動的に運動が終了される仕組みになっています。

この仕様をうまく活用して、『2分運動 → 30分ギリギリまで一時停止』を繰り返して、6時間に渡り運動し、2回時間跨ぎをします

ミステリーボックスのドロップ率・品質における、エナジー数の重要性は先ほど説明した通りです。

1.5倍の時間運動できるので『界王拳1.5倍』なんて呼んだりします。

6時間戦略のデメリット
  • 面倒臭い
  • 前例が少ない

まとめ

技名おすすめ度
界王拳★★★★☆
無限ミント★★★★★
リセマラ★★☆☆☆
0.5走法★★★☆☆
6時間戦略★☆☆☆☆